キャラメルポップコーンの今日も映画館へ行こっ!

フリーターが書く映画の感想ブログ

「T-34 レジェンド・オブ・ウォー」の感想~☆彡

「T―34 レジェンド・オブ・ウォー」見てきました~☆彡


上映日 2019年10月25日 
作製国 ロシア

 


〘あらすじ〙
第2次世界大戦時、ナチスドイツの捕虜になったソ連兵:イヴシュキン。
たった4人の味方と一台の戦車(T-34)で敵の軍勢に立ち向かう姿を描いたロシア製戦争アクション映画

撮影にはT-34の本物の戦車を使用しています。

ソ連の新米士官イヴシュキンが戦車の指揮をしていたことを知った敵軍ナチスドイツの鬼将校イェーガーは、収容所で行われているナチスの戦車戦演習のため、ソ連軍の戦車T-34の操縦をイヴシュキンに命じる。

しかし、与えられたT-34は実弾を装備せず、演習では敵の砲火から逃げ惑うことしかできない。確実に死が待ち受ける演習を前に、T-34の整備を命じられたイヴシュキンは、仲間とともに無謀な脱出計画を立てる。

 


監 督  アレクセイ・シドロフ💛
脚 本  アレクセイ・シドロフ
出演者  アレクサンドル・ペトロフ、イリーナ・ストラシェンバウム、
     ヴィンツェンツ・キーファー

 

 


【T-34 レジェンド・オブ・ウォー の感想】
★★★★ 星4つ☆彡

 

良かったです✨😊✨😊✨

戦争と戦車の話かと思いながら、期待せず見ました。


しっかりとした物語で、戦場での友情と愛がきれいに描かれ、

女性でもけっこう楽しめると思います。

 

T-34とは、ソ連の最強戦車のこと。

映画の冒頭で花火の音がするな~🎆と思いきや、戦場の爆弾の音でした。

冒頭の舞台は、極寒のロシアで、真っ白な雪に紛れるカメレオンの様に

戦車が白く塗られ、ドイツ兵は、軍服の上から白い布を羽織っていました。

雪に覆われた戦場だと、こういうことをするのですね、知らなかった。

 

たくさんの戦車で攻め入るナチスドイツ軍と、

対するソ連兵はたった1台の戦車と歩兵のみ。

これは、負け戦と思うのですが、ちゃんと戦略を立て、

ドイツ軍の目をくらますため朝日の昇る時間に攻撃するという、頭の良さ。

どちらも考えぬかれた戦略に感心するのですが、

この労力を戦争ではなく、平和のために使ってほしいと

思いながら鑑賞しました。

この映画のいいところは、戦車から撃たれた大砲や、

とても重要なシーンや、セリフの時には、スローモーションの映像にしたり、

音楽を工夫したりと、すごく分かりやすく表現されています。

なので、映画の進行に取り残されることなく最後まで楽しめました。

だって、映画の言語がロシア語とドイツ語。

私には、1単語もわかるはずがなく、

ひたすら字幕をその追って、映像を見るだけ。

なのに、あれだけ最後まで引き付けるとは、

監督の編集の配慮に感銘を受けました!💛!


たくさん映画を見ていると、いろんな映画に出会います。

字幕が早すぎて読めない、字幕が小さすぎて見えない…

役者さんの発音が聞き取りづらい…

ほんと、お金と時間をかけ期待して見る映画だからこそ、

そんな映画にはがっかりさせられるものです。

その点、この映画はそういう意味でも、言語が違う国で

上映しても大丈夫な作品ですね~だって、内容もきれいですから☆彡

 


そして、いろいろ展開があるのですが、もしも戦争がなければ!

もしも、敵軍じゃなければ!戦車士官:イヴシュキンと、

ナチスドイツの鬼将校:イエーガーは、きっと似た者同士で、

深い友情が芽生える関係になったかもしれない。そう思える映画でした。

やっぱり、戦争で失うものは多いですね。

 


それでは、拙い文章を読んでいただきありがとうございました🌸

また、来てね~☆彡

 

左は来場者プレゼントでもらったカード☆彡 右はチラシです☆彡

f:id:caramel-popcorn-358:20191028021013j:plain