キャラメルポップコーンの今日も映画館へ行こっ!

フリーターが書く映画の感想ブログ

パラサイト半地下の家族 ★5つ❕❕オススメです✨

 

【パラサイト半地下の家族☆彡✨5つ❕❕✨感想~☆彡】

 

こんにちは~☆彡

キャラメルポップコーンです🎥

 

みなさま、海外旅行はお好きでしょうか?✈⛅

同じ飛行機に乗っているのに、前の席!あの席ですよ❕❕

カーテンの向こう側のファースト・クラス✈

同じ行先、同じ飛行機の中なのに、目と鼻の先でも

庶民には手の届かない憧れの世界✨。

ファースト・クラスの飲み物? 座り心地のいい椅子? 

隣とのいい距離感を保った座席? 客室乗務員だってファースト・クラスと

エコノミーでは、違う人! 

お客さんの名前を覚え「Mr.有吉、Coffeeどうぞ☕」とファースト・ネームを

呼んでくれると聞いたこともあります。

 

いつかは私だって!!✈と思って、パートの時間を増やしても

1日100時間くらい働かないと、そんな余裕の生活はやってこない。

そう、最初から ❝格差社会❞ だから❕❕

 

 

そんなどこの国でも抱えている格差社会

うまくエンターテインメント映画に仕上げた作品が

「パラサイト半地下の家族」です。

 


【話題作だけど、ネタバレ厳禁です❕❕】

 

この作品のストーリーは、詳しく知らず、期待せず、

予告だけ見て劇場へ行くことをオススメします✨👢…👢…✨

 

2月2日の英国アカデミー賞ノミネート作品です❕❕ 

2月10日米国ロスで行われるアカデミー賞にも

本日、ノミネートされました❕❕🎉✨🎉✨

できれば発表前に見ていると、授賞式後のインタビューとか、

お友達との話題とか、自分の環境の格差問題とか、

なにかと楽しみと会話のネタが増えると思いますよ☆彡

 


【パラサイト半地下の家族 感想~☆彡】

感想は、ネタバレ防止のためあまり書けません…💦

 

半地下の家とは・・・

部屋の半分が地下に埋まっている家のことです。暑い、湿気が多い、

虫がたくさん寄ってくる、窓はちょうど人の足元の高さで

侵入可能なので鉄格子がついている。たけど家賃は安い💛

 

そんな家に住む4名家族のキム一家。

父:失業中💦 憎めないタイプ。どこか抜けている。

母:失業中💦元ハンマー投げのメダリスト。

長男:仕事なし💦受験に失敗し続けている。

長女:仕事なし💦美大へ行きたいが予備校へ通えない。

 

キム一家に朗報を持ってきたのは、開運の石??

それから、長男の友人の紹介で富豪の家の女子高生に

家庭教師をすることになります。

そして妹も。キム一家のパラサイト(寄生)ぶりは、愉快で笑えます。

 

しかし、❝パラサイト❞に関してポン・ジュノ監督は、

面白いことを言っています❕❕

貧困層が富裕層に寄生しているというのなら、富裕層もまた、

貧しい人たちの労働力を吸い上げる寄生虫かもしれません。」

さすがです✨ 

 

そしてこうも言っている

現在の資本主義社会において格差を題材とすることは

クリエイターの使命だと。

さすがです✨

監督ご自身は、大学生の時、彼女(今の奥様)の紹介で、

裕福な中学生の男の子の家庭教師をしていたそうです。

その際に豪邸の中を隅々まで見るチャンスを得たのですが、

その家族にスパイみたいに浸透していく気持ちになったそうです。

          ゲーテライブドアニュースより抜粋しました。

 

 

どの国でも抱えている「格差社会」!

それをテーマに扱う映画は、たくさんあります。

万引き家族」、「家族を想うとき」、

私の視点では、「カイジ」も格差社会に切り込んでいる

立派な作品です。ホラー映画「アス」も。

 

格差問題を映画にすると、ドキュメンタリー映画じゃなくても、

けっこう重くて、暗くて、帰りはHappyな気持ちになれずツラい…だから、

疲れた仕事帰りに気楽に見に行けない。

疲れた時は、スカッと「ジュマンジ」や「イエスタデイ」

男はつらいよ」あたりの楽しい映画で気分転換して、家に帰りたい。

映画館でニュースみたいな映像を90分みるのはツラいよ。。。

 

できれば、Happyな気持ちになる映画を見たい。

その点、「パラサイト半地下の家族」のようなエンターテインメントなら、

ドキドキと楽しみながら見れるし、その内容についても、

ちょっとした話題として語りやすい。

 

 

【🌸よかったら、こちらも読んでください🌸】 

 

「国家が破産する日」オススメ5つです❕❕

韓国が国家破産をする前、7日間の映画です。

国が破産する7日前まで、国民はその事実を全く知らず、

景気がいいぞ!と浮かれて、借入して会社を運営しているのです。

ほんと、実話は怖いですよ💦

 

cinema-caramel-popcorn.hatenadiary.jp

 

 

「ライリーノース~復讐の女神~」オススメ5つです❕❕

cinema-caramel-popcorn.hatenadiary.jp

 

 

 「エンド・オブ・ステイツ」オススメ5つです❕

cinema-caramel-popcorn.hatenadiary.jp

 

 

 


【ほんとはね…☆彡】

 

ほんとはね、「格差社会」だけじゃなく、多くの社会問題、人権、

環境、イジメ、なんでもたくさんの問題を当事者以外でも、

よく考える社会の環境だと世界中がすぐに平和になると思うのです。

 

だけど、遠い国のこと、他人のこと、隣の苦しそうな人のこと、

自分が損すること…に目を向ける余裕はない。

それほど大変なのです。仕事して、家庭を守り、35年の住宅ローンを支払い、

身近な人に嫌われないように…自分の目の前のことで

精一杯な人が大多数なのが現実です。

 

おなじ「格差社会」を取り扱った英国アカデミーノミネート作品の

ケン・ローチ監督「家族を想うとき」のような重々しい映画より、

エンターテインメント的な「パラサイト半地下の家族」の方が、

一般人に好まれるのは間違いないでしょう。

 

だけど、バイス(公開が終わりレンタル作品となっています)

を見てください。

ブッシュ大統領時代に副大統領を務めたチェイニーの自伝的映画です。

国民が生活に精一杯で、政治に無関心なことにより、

容易にチェイニーのような人が副大統領になれたのだと

映画の冒頭で言っていました。

そして、チェイニー副大統領は多大な権限を利用し、

イラク戦争を起こしてしまったのです…

 

利権や権力を握りしめている人たちは、きっと一握り。

あとの大多数は、目の前の仕事や家族を一生懸命守っているだけ。

この大多数の人が、ちょっとだけ、ほんの少しの時間だけ、

より困っている人や、より苦しい環境にいる人の世界へ目を向けるだけで、

世の中はアッという間にいい世界になると思うのです。

だって、圧倒的な人数がいるんですから、スイミーみたいに🐠

 

そして、ほとんどの人は、ストレスがなければ、根はいい人です。

1969年生まれの50歳のポン・ジュノ監督。いろんな思いがあり、

名作品を生み出している監督です。

どうぞ、この機会に「パラサイト半地下の家族」を楽しんで見てくださ~い☆彡

 

 

それでは、拙い文章を読んでいただきありがとうございました🌸

また、来てね~☆彡

 

 ✨ 公式サイトはこちらから ↓ ✨

www.parasite-mv.jp

 

 

 

【映 画 情 報】

 

公開日 2019年12月27日

監 督 ポン・ジュノ

脚 本 ポン・ジュノ、ハン・ジヌォン

出演者 ソン・ガンホ、イ・ソンジュン、チョ・ヨジョン