キャラメルポップコーンの今日も映画館へ行こっ!

フリーターが書く映画の感想ブログ

野生の呼び声 ★4つ❕❕感想~☆彡

こんにちは~😊

キャラメルポップコーンです☆彡

 

みなさま、お元気でしょうか?

コロナウィルスが蔓延していていつもと違う

3月の光景ですね。

 

日曜日にアニメ「ねこねこ日本史 龍馬の

はちゃめちゃタイムトラベルぜよ!」を見に

行ったら、劇場はわたし一人でした😓 

日曜日なのに!

そうですよね、人混み注意です🤧

最近、体調のいい私でもコロナウィルスは

恐ろしいです。気をつけなければ!

 

ところが、「野生の呼び声」のワンちゃんの

バック🐶ったら❕❕

アメリカリフォルニア州の温かな気候の中、

ミラー判事のペットとして大切に飼われていた

ペット🐶 4歳のバックは、かわいがられ

甘やかされた幸せな犬でしたが…🐕

 

ある日、悪い人に誘拐されてしまうのです💦💦

 

当時、ゴールドラッシュで湧いていた極寒の

アラスカへ連れて行かれ、

そり犬として売られてしまいます。

あのかわいいペットのバックは、新たな環境と、

新しい飼い主に会うたびに、どんどん自分の中に

眠っていた❝野生❞が目覚め、覚醒していきます✨ 

 

ほんとうのバックは、過酷な環境でも

たくましく生きる犬🐶

環境によって、成長、変化するのではなく

バックの中に眠っていた❝本能❞ ❝野生❞が

目覚めていくのです。

 

この作品はアメリカの作家:ジャック・ロンドン

によって1903年に書かれた人気小説です。

アメリカでは、小中学校の教科書に載るほど

高く評価されています。

 

何度も映画化、映像化されており、

日本では大正6年(1917年)に堺利彦により

翻訳されました。

今回は、ディズニー配給で、ワンちゃん達は

すべてCGです。表情もけっこう

人間っぽいです。

野生の呼び声は、動物を擬人化して人間の特徴を

持たせた動物フィクション。

本書の主なテーマは、生存と野生への復帰です。 

 

私も変化する環境により、本能と野生を

目覚めさせると、もしかしたら…

コロナウィルスなんかに負けない

健康体になれるかな?

まだまだ眠っている遺伝子が、たくさんの可能性を

秘めていることを信じたいものです✨😊✨

 

この作品の内容は、3つの印象でしたが

素晴らしい映像と、

コロナウィルスで見えない細菌に

おびえている私に、

力強い生命力を見せつけてくれたバック🐶に

感銘を受け、4つ❕❕にします。

雄大な自然と、動物の本能には、

うわべだけの文明では太刀打ちできない

力強さが感じられる作品です。

 

監督のクリス・サンダースは、ディズニー

の「リロ・アンド・スティッチ」や

先月まで公開されていた「ヒックと

ドラゴン」の監督です✨

主演のハリソン・フォードは、

スターウォーズ」や「インディー・

ジョーンズ」で活躍した名優です✨

犬好きの方は、どうぞご覧ください🐕

 

 

 

それでは、長くて拙い文章を読んでいただき

ありがとうございました🌸

また、来てね~☆彡

 



【映 画 情 報】

公開日 2020年2月28日

監 督 クリス・サンダース

脚 本 マイケル・グリーン

出演者 ハリソン・フォード、オマール・シー、

    カレン・ギラン